協会概要

日本オーガニックレストラン協会とは

Organic(オーガニック)は英語で「有機的」「本質的」
Restaurant(レストラン)はフランス語で「回復させる」「元気にさせる食べ物」

「人々の元気を回復させ、人と人との有機的であたたかいつながりがもてる」料理の原点。
それは家庭の食事、食卓にこそあると、私たちは考えます。
つまり、家庭の食事、食卓を豊かにし、
その家庭料理の延長線上にある外食産業の発展に寄与することで
世界中で豊かな食生活が実現できるように活動していきます。


  • 名 称

    一般社団法人 日本オーガニックレストラン協会

  • 所在地

    〒107-0062 東京都港区南青山 3-7-16

  • TEL

    050-1552-1939

  • 設立

    2014 年

  • 代表理事

    南 清貴
    公式サイト [http://kiyo-san.jp]

南 清貴
【一般社団法人日本オーガニックレストラン協会 代表理事・フードプロデューサー】

舞台演出の勉強の一環として整体を学んだことをきっかけに、からだと食の
関係の重要さに気づき、栄養学を徹底的に学ぶ。1995年、渋谷区代々木上原に
オーガニックレストランの草分け「キヨズキッチン」を開業。
現在は執筆、講演活動の他、全国のレストラン・カフェ・デリカテッセン
などの業態開発、企業内社員食堂・クリニック・ホテル・スパなどの
フードメニュー開発などに力を注ぐ。
最新の栄養学を料理の中心に据え、自然食や
マクロビオテックとは一線を画した新しいタイプの創作料理を考案・提供し、
業界やマスコミからも注目を浴びる。親しみある人柄に、著名人やモデル、医師、
経営者などのファンも多い。2011年「農」に密着した活動を行なうことを決意し、
岐阜県大垣市に拠点を移す。

著書に「究極の食」「頭のいい人は亜麻仁油を飲んでいる!」
「からだキレイダイエット 豆と油で生まれ変わる!」ほか多数。
2016年に発売された「行ってはいけない外食」は販売部数10万部を突破!
最新刊「『安い食べ物』には何かがある」。

2015年秋、東京・福岡・南阿蘇にて、地球にやさしいお料理&農業のスペシャルセミナーを開催しました。

FARM to TABLE

~おうちでの食と農の小さなシステムづくり~

代表理事を務めるKIYO(南清貴)が当協会主催の
「オプティマル クッキングアカデミー」で提唱しているのは、良質な毎日の
食事のために必要な家庭料理の“システム化”です。地元で採れる旬の食材を
中心に、バランスよく、効率よく、そして何よりもおいしく調理するための
コツを学んで欲しいと考えています。そんなKIYOがコラボしたのは、
菌ちゃん先生(別名、生ごみ先生)こと吉田俊道氏。家庭の生ごみを利用して
元気な土を作り、その元気な土を使って元気いっぱいの野菜を育てる
「生ごみリサイクル」の達人です。おうちで育てた元気な野菜をKIYOのレシピで
おいしくいただき、どうしても残ってしまった野菜くずはまた土に還して、
新しい“いのち”につないでいく。そんな環境に恵まれた子どもたちが元気に
育たないワケがない!! このセミナーには、関東・九州をはじめ全国から
ご夫婦やお子さまづれの参加者も集い、とても好評のうちに終了致しました。
今後のイベント等にもご期待ください。

Arrow
Arrow
PAGE TOP